VPSやクラウドでいろいろ遊ぼうのblog

地方でITやってます。IT全般を勉強しつつ、いろいろ遊んでみます。 情報セキュリティスペシャリスト。twitterは @hogefuga123

自社サービス開発失敗あるある

主にWebサービス開発で、自分が経験したり、実際に見たり、ネット上で見たりした失敗プロジェクト(ざっと10個くらい)についてのまとめ。自分なりのアンチパターンまとめ。

失敗とはなにか

  • 法人の業務としてやっていて、
  • 売上がゼロまたは、ゼロに近い状態が何年も続いているプロジェクト
  • 何年も放置プロジェクトになっている
  • 趣味とか個人事業レベルでやっていることは除く。

失敗の原因

そもそも、そのサービスが使われる業界に対して素人である

  • そのサービスが使われる対象の業界の、パートナー企業からの仕様要望を鵜呑みにする。
    • 十分なヒアリングを行っていない。
    • でもその仕様は、パートナー企業の独自業務や、社内事情による仕様だったりする。はたまた、担当者の個人的な要望だったりする。
    • そもそも対象業界に対して素人なので、その仕様が良いのかどうかわからない。プログラムでどう実現するかしか考えない
    • 結果的に、多くの会社で使われる仕様にならない
  • 自社サービスをパートナー企業とコラボして作るはずだったのに、いつの間にか受託になっている

MVP(Minimum Viable Product)の考え方がない

  • あんな機能があったらいいな、こんな機能があったらいいなと、仕様が無限に広がってしまう。
  • その無限を受けとめられるだけのリソースはどこにもない
  • 細かいバグ修正をやったり、見栄えを完璧にすることに時間をかける
    • まだ誰も知らないプロダクトなのに...

宣伝をしていない、広告費をかけようとしない

  • Webに公開した時点で宣伝だと思っている(が、当然誰も見てない)
  • 延々時間をかけてプログラミングすれば良いものができて、良いものを作れば、口コミで広がると思っている。

プログラミングが好き、技術が好き

  • 仕事というよりも社長の趣味になっている。
  • 好きだからといって、いくらでも時間をかけて開発する。自分の好きなものを作っているだけ。
  • じゃあ最初から趣味ですと言え。

自分の「このアイデア」にすごい価値があると思っている

  • イデアだけで飯が食えてる人などそうそういない
  • イデアよりも資金力の方が大事。

ギークハウス富山を1年間やってみた結果 + 今年を振り返る

この記事は、ギークハウス界隈 Advent Calendar 2019 - Adventar 21日目の記事です。


このエントリから1年経ちました。
cloud-hobby.hatenablog.com

お客さんは2人来てくれた

今年の頭に、ある外国人男性が1人入居してくださいましたが、
彼は仕事で富山に来ていただけだったので、1ヶ月半だけ滞在された後、すぐにお別れとなりました。


そして今年9月からは、2人目となる男性が入居してくださっています。
リビングにPS4を設置してくださり、感謝しております。

f:id:cloud_hobby:20191214085452j:plain

彼のおかげで、リビングでAmazon Prime Videoも見れるようになりました。重ねて感謝です。

管理人として色々なことが勉強になる

  • ネット開通の手配をする
  • 確定申告のことで税理士事務所へ話をにしにいく
  • 物を買うときは常にコストパフォーマンスを考える(電力会社も変更)
  • シェアハウスの運営も、昼間のサラリーマンの仕事も両立する
  • 集客としてもっとできることはないか考える

など、なんでも勉強になります。これも人生の経験値です。

住人として感じたこと

血のつながってない人と暮らすのって、楽ですね。実感しました。
家族と暮らしていると、どうしても自分の考えの押し付け合いになるんですよね。(特に親から子へ)
そしてそれは避けるのが難しい。
シェアハウスなら、人生観とかを押し付けるってことはないので、非常に楽です。

今年の(ギーク)活動

9月には、富山県内で活動しておられる、
「みんなのボードゲーム広場」さんのご協力を得て、ボードゲーム会を行いました。


10月には、名古屋と西尾市に行ってきました。
ギークハウス名古屋へ来訪


西尾市の天野ゲーム博物館。楽しかった。
cloud-hobby.hatenablog.com


あと来週28日には鍋を用意して、忘年会をやります。

来年の目標

お客さんにもう1人入って頂いて、3人暮らしをすること。
そのために、今はチラシ制作を考えています。


個人の目標としては、簿記2級に受かりたいです。受かったらまたブログ書きます。

ではみなさん、良いお年を!

天野ゲーム博物館に行ってきた

自分はレトロゲームが好きです。


レトロゲームに関する聖地みたいな所がないかな~と探していたら、
天野ゲーム博物館という場所があると知り、いつか行ってみたいと思っておりました。


そしてついにその日がやってきました。


amanomuseum.webnode.jp


場所は、名鉄電車 西尾駅の近くです。名古屋から1時間くらい。大学時代の先輩と2人で行きました。


ではまず店構えから。
f:id:cloud_hobby:20191031202659j:plainf:id:cloud_hobby:20191031202721j:plain
うーん、この手書き。ただ者ではないですね。


中に入ると、下記の怒涛のラインナップでした。

餓狼伝説
f:id:cloud_hobby:20191101191149j:plain

スーパーマリオ
f:id:cloud_hobby:20191101191309j:plain

なんとスト2 レインボー!「すごく良いゲームですよ。」
f:id:cloud_hobby:20191101191336j:plain

バーチャファイター2。
f:id:cloud_hobby:20191101191552j:plain

ハングオンも!
f:id:cloud_hobby:20191101191713j:plain

源平討魔伝
f:id:cloud_hobby:20191101191746j:plain

ベラボーマン。名前しか知りません。
f:id:cloud_hobby:20191102172627j:plain

サムライスピリッツ零。これも知らなかった。
f:id:cloud_hobby:20191102172153j:plain

ワルキューレの伝説
f:id:cloud_hobby:20191102172303j:plain

ファイナルファイト、最後の忍道
f:id:cloud_hobby:20191102172341j:plain

キャプテンコマンドー
f:id:cloud_hobby:20191102172426j:plain

スーパーリアル麻雀P3。
f:id:cloud_hobby:20191102172500j:plain

麻雀スーパー禁版。よくわからないけど相当古いっぽい。
f:id:cloud_hobby:20191102172720j:plain

うーん、貴重すぎる。

そしてさらに、「VIPルーム」と呼ばれる部屋に入ります... なにがあるんでしょうか...


なんと入ってすぐにゴルゴ13が!ファミコン版の神々の黄昏はやりましたよ!
f:id:cloud_hobby:20191102190724j:plain

くにおくんもある!絵が古い!
f:id:cloud_hobby:20191102190821j:plain

そして... 白黒のインベーダー!
f:id:cloud_hobby:20191103082133j:plain

ダライアス1、2。
f:id:cloud_hobby:20191103082207j:plain
f:id:cloud_hobby:20191103082222j:plain


これらは歴史的価値がありますよ。もう大興奮です。


一通り見終わった所で館長さんがおられたので、しばしお話をしました。


このゲーセン、なんとフランスのメディアが取材に来たこともあるそうです。NHKも取材に来たそうですね。
しかし館長さんは現在病気を患っており、やっとの思いで店に出てきているそうです。。
お体を大事にして、いつまでもゲーセンを守って頂きたいですね。


最新のゲームを設置するのも価値あることですが、古いものを古いまま設置しつづけるというのも、
これまた価値あることだ、と強く感じました。


それにしても、30年間1日も休まず、朝9時~夜12時まで店を開けているそうで、それだけでもすごすぎますよね。
その努力にただただ敬服するばかりです。


まさにレトロゲームの聖地といっていいでしょう。レトロゲーム好きな方は、行く価値ありですよ。

ギークハウス富山を作った話など

IT地方エンジニア Advent Calendar 2018 - Adventar
20日目です。

ギークハウス富山を作った話

cloud-hobby.hatenablog.com


この記事を書いてから丸2年経ちました。

ギークハウスやるぞ~って思って、
地元のシェアハウス業者、シェアライフ富山
https://www.sharelife-toyama.com

の姫野さんにご協力をお願いし、
一緒に物件を探し始めたのが、2017年の6月くらいでした。


何度も何度も、物件を探しに行きました。
どんな物件がシェアに向いているのか?など、姫野さんにたくさん質問しました。


この物件だ!と確信したにもかかわらず、
残念ながら話が流れてしまった物件もありました。


そんな日々が、1年くらい続きました。

そんでやっと物件を確保して、勝手に管理人と名乗って住み始めました。

Twitterは @geek_toyama です。

詳細はこちらをどうぞ。
https://www.sharelife-toyama.com/house/


ギークハウスをやろうと思った動機としては...

これから延々と、どんな仕事をしようが何をしようが、
結局、自分もいつか死ぬんだなって思ったからです。


いきなり暗い話になりますが笑


じゃあ自分の仕事は何なんだ?これから何をやるか?って思った時に、
富山にギークハウスがないから、自分が作るかなって思いました。
そんだけです。


とりあえず富山県史上初のギークハウスになったので、第1段階は成功です笑


それに自分はあまり結婚は興味がなく、
じゃあ今後どういう生活をしていくかって考えた時に、
シェアハウスで複数人で暮らすのを目指す、っていうのもヒッピー的でいいんじゃないかなと。


ギークハウス富山は、IT技術、ゲーム、アニメ、漫画ネタなどを、
ゆるく語り合えるシェアハウスにしたいと思っています。


みんなでIT技術力をバリバリ高めよう!みたいなのは
あまり主目的にしなくても良いと思っています。
(住人の属性にもよると思いますが)


入居に関するお問い合わせは、ありがたいことに数人の方から来ています。
まだ住人は私1人だけですので、さらなるお問い合わせをお待ちしております。


ご連絡は上記のTwitterに頂くか、シェアライフ富山さんに言えばわかります。
よろしくお願いいたします。

仕事の近況

2年ほど前に自称ベンチャー企業に転職したのですが...


ベンチャーとは名ばかりで、
受託開発を延々とやっては「いつかは我が社も自社サービスを」と延々と言い続ける、
あるあるな会社でした。


それに気づいたときには、モチベーションが7割くらい無くなりました。

(てっきり自社サービスを既に展開していると思っていたのに... もっと面接時に突っ込んで聞くべきだった)

その後、Webサービススマホアプリ開発の受託案件を何件かこなしましたが...


社長から、会社の資金繰りが厳しいという言葉が出るようになってきたのと、
仕事に対する考え方が合わないなと思ったので、辞めました。

(役員にならないかという話も以前されましたが、速攻で断りました)


今は就職活動してますが、
とりあえずギークハウス富山にて無職生活を楽しんでおります。

皆様よろしくお願い致します。

「手書きよりもPC入力の方が価値がある」という風潮は間違い

私がIT技術を勉強し始めてから、そろそろ19年くらい経ちました。
あくまで自分の心に素直に、嘘偽りなく、雑感を書き留めて行きたいと思います。



ペーパーワークや手書き作業は非効率で、PC作業は効率が高い。
とか、
紙や手書きは検索できないし、転用しにくいから、価値が低い。

だからこそ、ペーパーワークや手書き作業は廃止すべきだと思い込んでる人って結構いるんですよね。

会社の経営者なんかでも結構います。
彼らは、「ITを活用した効率化」などという言葉が大好きです。

しかし私は、こう考えてしまいます。

  • PCが普及していない現場だと、手書きよりPCの方が非効率じゃないですか?
  • PC入力させるための教育コスト、PC調達のコスト等はかからないのですか?
  • 文書の価値というのは、検索と転用ができるかどうかだけで決まるのですか?

と。

みんな、「ITを活用した効率化」という言葉に踊らされすぎじゃないかと思います。


例えば文書を紙で残すというのは、
紙というハードウェアをそこに存在させることで、
紙に書いてあることを人間に意識させ、記憶させやすくするという、重要な役割を持っています。
PCではこの役割は果たせません。


PCが紙や手書きに劣る点だって、たくさんあるんですよね。


ちなみに私は、
ある物事の方向性を決めたいとか、じっくり物事を解析したい、
と思うときは、
紙とペンで、文章や図を書きながら、ブレーンストーミングで考えます。
どんなに汚い字でも、めちゃくちゃな図でもいいのです。書きなぐってもいいのです。
イデアが出るスピードに任せて、どんどん書き進めます。

これをPCで代替することは、まず無理でしょう。

これをExcelなんかでやろうものなら、オートシェイプの操作の面倒さに、うんざりしながらやることになりますからね。



手書きであってもPC入力であっても、単に向き不向きがあり、
守備範囲が違うというだけの話です。

ペンだってPCだって単なる道具なのだから、適材適所で使えばいいのです。


なんでもかんでもITの世界に落とし込めば効率が上がってうまくいくはずだ、という風潮は、私は1人の技術屋として間違いだと思っています。

3か月間、チャットで仕事をしてみて感じたこと

転職しました。仕事でチャットを使うようになりました。そのレビューです。


まず結論を言います。

仕事においては、チャットよりメールの方が圧倒的にマシです。

(あくまでビジネスチャットにおいてですよ。趣味やプライベートは除きます。
あとはDELLのチャットサポートとか、用途が明確なものは除きます。)


理由を挙げていきます。

1.往復回数が無駄に増える

チャットはどうしても短文のやりとりになるので、

短文になる -> 文章の情報量が減る -> 文章が抽象的で言葉足らずになる

のコンボになります。
これは仕事(特に、お互いがもつ前提を共有していない段階)では致命的です。

そして結果的に、発言の往復回数が無駄に増えます。

一方メールでは、

そもそも電子メールというのは、手紙のやりとりを電子化したものだというイメージがあるので、

「ある程度の情報量をもった文章を組み立てて、
要件を明確に伝え、なるべく少ない往復数で話を完結させよう」というモチベーションが働きます。
電子メールは手紙の延長線上だからです。
それによって、「文章が抽象的で言葉足らずになる」ことを、誰もが無意識のうちに防いでいるわけです。
文章を組み立てていく中で、考慮不足や確認不足に気づくことも多々あります。

しかし、チャットでは「きちんと文章を組み立てよう」などというモチベーションは確実に低下します。
単なる発言の繰り返しなので、「話していくうちにわかるだろう」という無意識の甘えが生じます。


もちろん、明快な文章を書く人はメールでもチャットでもそうしますし、そうでない人はそうでないです。
しかしあくまで、不特定多数の人がやりとりしたときに、
チャットの方が言葉足らずになる確率が高
いと思います。


社外の人とのビジネスチャットの具体例を上げますと、

X社の人「Aになりましたか?Bですか?」
Y社の人「何の件でしょうか?」

こんなやりとりが多いです。(私が見ているチャットだけかもしれませんが)

もちろんメールでこういう文章を書く人もいますが、
全体の中では少数派でしょう。
仕事のメールではまず、冒頭の挨拶「お疲れ様です。」とか「お世話になっております。」
から始まることが多いので、上のXさんのようなぶっきらぼうな短文は、
そもそも馴染まないからです。

チャットだと、「自分が何か書けば、相手はなにか返してくれるだろう」という甘えが発生し、
結果的に意味不明な文章が増えます。


異なる会社同士で、用語の定義や仕事の前提を共有していない場合にチャットをすると、
結局、「どういうことですか?」「何の件ですか?」という聞き返し
(コミュニケーションコスト)が延々増え、仕事を進める時間が相対的に減ります。


2.添付ファイルが面倒

メールだと、メッセージを受信した瞬間に、添付ファイルは自分のローカルに
来るわけです。重要なものは別フォルダに送ることも簡単です。
さらに、自分に関係ない添付ファイルが付いたメールを消すことも簡単ですよね。


しかしチャットだと、○○仕様書_20170401.xlsがアップロードされるたびに、こちらがいちいちダウンロードをしないといけません。

いちいちダウンロードするのが面倒だからと、添付ファイルを数日間放置していれば、
どんどんタイムラインは流れていきます。
自分に関係ない添付ファイルも、どんどんアップされていきます。


結局、いちいち添付ファイル一覧を出して、自分が欲しいファイルを目視で見つけるか、
添付ファイル名で検索をしないと、ファイルがどこにあるかわかりません。

チャット画面をいじくる時間ばかりが増え、仕事が止まります。

3.記憶に残らない

メールだと、1つのメールに「件名」という付加情報があり、そこに往復のやりとりが
残っている形なので、記憶に残りやすいです。
さらに受信メールを「フォルダで分ける」という能動的なマウス動作が伴うので、
やはり人間の記憶に定着します。

チャットだと、単なる発言の羅列なので、
付加情報もなければ、能動的な分類操作をすることもありません。

そもそも「あとで検索したらいいだろう」という甘えがあるので、
覚えようともしないのです。

結局、「あの件ってどうなったっけ?」と思い返し、検索をする時間が延々増えます。
しかも、前後の文脈をまた読み返さないとなりません。

(当然そこには、「同じプロジェクトではあるが、自分の業務とは関係ない発言」も飛び交っています。
そこから情報をいちいち選り分けないといけません。)


一度書いたことを「覚えていないから」と延々読み直しているのですから、
これもやはり無駄なコストの増大ですよね。

4.結論

チャットは仕事に合わない。

ではまた。